Profile

Join date: Jun 23, 2022

About

JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品2022ライブ2022年6月23日 TVTOKYOテレビ放送!ジャパンプレーヤーズチャンピオン


🔴LIVE🔴📺🥊👉 JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品2022 ライブ


🔴GO LIVE📺📱👉 ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ 2022 生中継




公式!!LIVE JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ

国内'男子生配信TV中継!ジャパンプレーヤーズ


JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品2022ライブ2022年6月23日 TVTOKYOテレビ放送!ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ2022ライブ中継 6月23日


2022年 ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品


日程:20220623〜20220626 ◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 初日(23日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72) 佐藤大平


JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 2022


男子ゴルフの「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」が23日から4日間、栃木・西那須野CC(7036ヤード、パー72)で行われる。前年に続き2度目となる選手会主催大会。22日はプロアマ戦が行われ、ホストプロで副会長の中西直人(国際スポーツ振興協会)は「勝つことが目標だが、成績が全てじゃない。ギャラリーの方と大会を作り上げたい」と語った。


今大会は多くのイベントが行われ、第3日(25日)にはアウトスタートの後ろ5組の8番(パー3)に、県内の高校生5人がそれぞれ入ってニアピン対決を行う。サイン入りボールなどが当たるガチャガチャ(1回500円)も実施。考案した堀川未来夢(Wave Energy)は「ゲーム感覚でいいんじゃないか」と期待した。


男子ツアーを盛り上げたい―。選手の思いを集約した大会が、今年も始まる。(阿部慎)


JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品2022ライブ2022年6月23日 TVTOKYOテレビ放送!ジャパンプレーヤーズチャンピオン


国内'男子生配信TV中継!ジャパンプレーヤーズ


JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品2022ライブ2022年6月23日 TVTOKYOテレビ放送!ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ2022ライブ中継 6月23日


2022年 ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品


日程:20220623〜20220626 ◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 初日(23日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72) 佐藤大平


JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 2022


大会概要 競技概要 チケット 中継(TV・ネット放送) 会場状況


(男子ゴルフテレビ中継HD)*ジャパンプレイヤーズ


(男子ゴルフテレビ中継HD)*ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品 放送 0 Followers 0 Following Choose a page Upcoming Events Past Events


独占生中継2021 JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by


独占生中継2021 JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 開催コース:西 選手会主催の大会、「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ」の開催を発表。


ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品


ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 ALBA TV放送情報 2 渋野日向子はスタート前から大爆笑 日本勢初のメジャー2勝目へ“同期”と調整


ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ2022 速報、結果


2022年/令和4年度、男子ゴルフトーナメント『第2回JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP byサトウ食品』が栃木県で開幕します。予選、決勝ラウンドの状況や途中経過、予選通過


ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 ツアー


ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 ALBA TV放送情報


◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 事前(22日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72) 開幕前日のプロアマ戦は通常の形式とは少し異なっていた。アマチュアゴルファーに少しでも多くのプロと回ってほしい、という選手会のアイデアで、前・後半で同伴プロを変える“欧米式”を試験的に取り入れた。 << 下に続く >> 選手会の理事を務める石川遼も参加し、「選手会も主体的にトーナメントに関わっている試合で、スポンサーさんとも話をする中でこういう形式に至ったと聞いている。すごく楽しかった」と笑顔で話した。 選手会主催大会ということもあり「すごくやりがいがある」と意気込む。通常営業時からアウトとインでコースを入れ替えて、上がり3ホールをさらにスリリングにするなど、「選手たちの意見がダイレクト」に反映されている。


2019年発売の「JAWS」から大きく変わったのは、リーディングエッジがストレートになったこと。「直線的になり、懐がスッキリ見えるようになった」。また、ソールのリーディングエッジ側の部分を削ったことで「ヘッドの入り方が適正になって、なおかつ抜けも良くなる」効果を期待できるという。バックフェースでは、4つのドットが目を引く。54度と56度はトウ側のドット1つ、58度と60度はドット2つに比重の重いタングステンを埋め込むことで、重心をさらにセンターに寄せることができたという。担当者は「日本ツアーの選手からこれらの要望が多かったので、日本側のフィードバックを参考に作った」と話しており、日本発のアイデアが多く詰まっているようだ。


フェース面はノーメッキで、サビがボールにかみついてさらにスピンが掛かるようになっている。バックフェースはメッキ加工を施して輝きを長く保てるようになっており、同じウェッジを長期間使い続けることが多いアマチュアにも配慮された仕様になっている。


◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 事前(22日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72) 開幕前日のプロアマ戦は通常の形式とは少し異なっていた。アマチュアゴルファーに少しでも多くのプロと回ってほしい、という選手会のアイデアで、前・後半で同伴プロを変える“欧米式”を試験的に取り入れた。 << 下に続く >> 選手会の理事を務める石川遼も参加し、「選手会も主体的にトーナメントに関わっている試合で、スポンサーさんとも話をする中でこういう形式に至ったと聞いている。すごく楽しかった」と笑顔で話した。 選手会主催大会ということもあり「すごくやりがいがある」と意気込む。通常営業時からアウトとインでコースを入れ替えて、上がり3ホールをさらにスリリングにするなど、「選手たちの意見がダイレクト」に反映されている。


男子ゴルフの「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」が23日から4日間、栃木・西那須野CC(7036ヤード、パー72)で行われる。前年に続き2度目となる選手会主催大会。22日はプロアマ戦が行われ、ホストプロで副会長の中西直人(国際スポーツ振興協会)は「勝つことが目標だが、成績が全てじゃない。ギャラリーの方と大会を作り上げたい」と語った。


今大会は多くのイベントが行われ、第3日(25日)にはアウトスタートの後ろ5組の8番(パー3)に、県内の高校生5人がそれぞれ入ってニアピン対決を行う。サイン入りボールなどが当たるガチャガチャ(1回500円)も実施。考案した堀川未来夢(Wave Energy)は「ゲーム感覚でいいんじゃないか」と期待した。


男子ツアーを盛り上げたい―。選手の思いを集約した大会が、今年も始まる。(阿部慎)


◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 初日(23日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72)


宮本勝昌が1イーグル5バーディ「65」をマークし、7アンダーの2位で滑り出した。


<< 下に続く >>


49歳のベテランが気をはいた。朝イチの10番から3連続バーディを奪ってスタートダッシュを決めると、見せ場は折り返し後の6番(パー5)。右手前のラフから放った30ydのアプローチが直接カップに吸い込まれてチップインイーグルを奪った。続く7番もスコアを伸ばした。「(コースは)難しい。攻めるところと守るところを見極めないとすぐボギーが出るけど、うまく攻められた」と振り返った。


前週、シニアツアー初優勝を飾った藤田寛之の活躍にも刺激を受けた。「うれしかった。ここ2、3年は苦しんでいるのを見ていたので、それでもレギュラーツアーにこだわる姿がカッコイイ」。藤田と同じ芹澤信雄に師事する“チーム芹澤”の一員としても、兄弟子の復活Vを喜んだ。「優勝した人が翌週の夜ご飯をずっとご馳走するというチームのしきたりがあるので、きょうは焼き肉であしたは寿司パーティー」と笑みを浮かべた。


8月に50歳の誕生日を迎えるが「先輩方から『邪魔だから(シニアツアーに)来なくていいよ』と言ってもらえるような数年間を過ごしたい」。シニアツアー参戦を心待ちにしながら、レギュラーツアーでもさらなる活躍を狙っている。


前年大会は単独首位で最終日を迎えたが、片岡尚之に逆転優勝を許した。3年ぶりのツアー13勝目に向け、「苦しくてもアンダーパーで回り、良い時にはビッグスコアを出せるように」と残り3日の戦略を練りながらも、「アピールするいいチャンスだと思うので『俺が主役だ』くらいの気持ちでやってもらえたら」と若手に発破をかけた。(栃木県那須塩原市/内山孝志朗)


男子ゴルフの「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」が23日から4日間、栃木・西那須野CC(7036ヤード、パー72)で行われる。前年に続き2度目となる選手会主催大会。22日はプロアマ戦が行われ、ホストプロで副会長の中西直人(国際スポーツ振興協会)は「勝つことが目標だが、成績が全てじゃない。ギャラリーの方と大会を作り上げたい」と語った。


今大会は多くのイベントが行われ、第3日(25日)にはアウトスタートの後ろ5組の8番(パー3)に、県内の高校生5人がそれぞれ入ってニアピン対決を行う。サイン入りボールなどが当たるガチャガチャ(1回500円)も実施。考案した堀川未来夢(Wave Energy)は「ゲーム感覚でいいんじゃないか」と期待した。


男子ツアーを盛り上げたい―。選手の思いを集約した大会が、今年も始まる。(阿部慎)


◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 初日(23日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72)


宮本勝昌が1イーグル5バーディ「65」をマークし、7アンダーの2位で滑り出した。


<< 下に続く >>


49歳のベテランが気をはいた。朝イチの10番から3連続バーディを奪ってスタートダッシュを決めると、見せ場は折り返し後の6番(パー5)。右手前のラフから放った30ydのアプローチが直接カップに吸い込まれてチップインイーグルを奪った。続く7番もスコアを伸ばした。「(コースは)難しい。攻めるところと守るところを見極めないとすぐボギーが出るけど、うまく攻められた」と振り返った。


前週、シニアツアー初優勝を飾った藤田寛之の活躍にも刺激を受けた。「うれしかった。ここ2、3年は苦しんでいるのを見ていたので、それでもレギュラーツアーにこだわる姿がカッコイイ」。藤田と同じ芹澤信雄に師事する“チーム芹澤”の一員としても、兄弟子の復活Vを喜んだ。「優勝した人が翌週の夜ご飯をずっとご馳走するというチームのしきたりがあるので、きょうは焼き肉であしたは寿司パーティー」と笑みを浮かべた。


8月に50歳の誕生日を迎えるが「先輩方から『邪魔だから(シニアツアーに)来なくていいよ』と言ってもらえるような数年間を過ごしたい」。シニアツアー参戦を心待ちにしながら、レギュラーツアーでもさらなる活躍を狙っている。


前年大会は単独首位で最終日を迎えたが、片岡尚之に逆転優勝を許した。3年ぶりのツアー13勝目に向け、「苦しくてもアンダーパーで回り、良い時にはビッグスコアを出せるように」と残り3日の戦略を練りながらも、「アピールするいいチャンスだと思うので『俺が主役だ』くらいの気持ちでやってもらえたら」と若手に発破をかけた。(栃木県那須塩原市/内山孝志朗)

【GOLFTV】 ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップゴルフ ライブ (ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップゴルフ2022 テレビ放送/ネット中継) 2022年6月24日

More actions